pendleton Pendleton ペンデルトン
高質のウールを素材に、Tシャツやドレス・シャツ、カーディガン、タオル、毛布などを
長年にわたり製造してきている。
特に1909年に製造を始めた、ネイティブ・アメリカン調の鮮やかな柄の毛布は、同社の「顔」の一つとなってきた。

1863年に英国生まれのトーマス・ケイが、
オレゴン州ブラウンズビルにある同州第2の規模の毛織工場運営支援のために渡米したのが、そもそもの同社の始まり。
その後、1889年に自社工場をオレゴン州セーレムに開設、1909年にケイの孫たちが事業を拡大した。
モーターロープの製造を始めたのも、そのころ発明された自動車に熱中するアメリカ人にアピールするためであった。

同社は、世界各地の牧羊業者と取引。高品質な100%バージンウールのみが素材に選ばれている。
ちなみに、アメリカ先住民の毛布の柄を取り入れたのは、米国軍との激戦の後、
永遠の不戦を誓った大茜長ジョセフにちなんで「チーフ・ジョセフ」と呼ばれるブランケットを作って、
その勇気と決断を称えるためであった。
そうした姿勢に共鳴し、米国の人々はペンドルトンに「アメリカの良心」と賛辞を送ったが、
ペンドルトンはそれに応えるように、数々の名品を生んできている。

follow us in feedly

コメントやご利用感想などお寄せ下さい

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL


サービス詳細
インフォメーション


Credit Card Processing