gap Gap ギャップ

変わらぬクリエーティビティー
1969年にカリフォルニア州サンフランシスコに設立されたアメリカ最大の衣料品小売店。
世界90カ国に3100の店舗があり、社員は13万人を越す。
ティーンの世代を主なターゲットとして常に新たなアメリカン・スタイルを打ち出しており、
個性的なスタイルのセンスを表現した、クリーンでクラシックな衣料やアクセサリーは、
多くの人々に愛用され続けてきた。傘下にオールド・ネイビーやバナナ・リパブリックなど
計5つの小売ブランドを持つ。

 

「ギャップ」という名前は、創業者であるドナルド・フィッシャーとドリス・フィッシャー夫妻が友人と

「世代間ギャップ」について話し合っていた際に思いついた。
製品の企画は自社で行い、生産は委託、製品を自社のチェーン店で販売するという

「製造小売業」の形態で事業展開している。
ティーンを中心としたラインのほかに、子供向けの「GapKids」、ベビー向けの「babyGap」、

妊婦向けの「GapMaternity」、下着やボディーにフィットした衣料の「GapBody」、
エクササイズ向けの「GapFit」と、それぞれの年代や事情に合わせたラインも豊富。
日本では1994年に「ギャップジャパン」を設立し、翌1995年(平成7年)に
第一号店を東京の数寄屋橋阪急内に開店した。
創業から40年以上経ち、ファンションもスタイルも時代に合わせて変遷してきたが、
ギャップの創業以来の精神である「クリエイティビティー」の概念は一貫して変わらない。

follow us in feedly

コメントやご利用感想などお寄せ下さい

* が付いている項目は、必須項目です!

*

Trackback URL


サービス詳細
インフォメーション


Credit Card Processing