ISAをご利用されて、アメリカから無線機器パーツを個人輸入された事例を紹介します。
ミリタリー商品は、本場アメリカでしか手に入らない物が多いようです。マニアの方には垂涎の一品も個人輸入を通して手に入れるチャンスが広がるかもしれません。

McDowell Research MRC-82A AC/DC power supply Charger and UPS for PRC-138, PRC-150, PRC-117, URC-200 etc.

■お客様から頂いたコメント
日本では手に入らないものが、簡単に入手出来
大変良いですが良いショップを選ぶことも重要と思います(過去の購入で不良品は有りませんでしたが)

今回は消費税等で2,000円 送料で4,248円の計6,248円でした。
内訳
課税標準 40,980円
その他諸税 4% 1,600円
消費税 400円
関税 0円

今回輸入したものは、軍用無線機に使用する電源装置です、
私は軍用無線機の収集(動作品)を趣味としております。
(この趣味をもっている人は全国に沢山居ます)
911以降アメリカの輸出規制品が増えて入手に苦労しております。
輸出規制が無くなればほしい物は沢山あります。

 

見積り費用詳細

商品合計 $685.00
米国内税金 $0
米国内送料 $11.30
日本への送料 $0(実費着払い)
JISA手数料 $68.50
合計 $764.80
為替レート $1=103円
円建て合計 78700円(10円単位は切り捨て)

入手困難な商品も、個人輸入で可能性が広がります。
海外通販ショッピング是非お楽しみ下さい。ご利用はこちらから

■参考情報
アメリカebayでもアマチュア無線機やミリタリー商品が数多く出品されています。
http://www.ebay.com/sch/Militaria
(注)銃に関連する商品や武器類、その他商品内容によって取り扱えない物もあります。

※ご注意
2013年8月にご利用されたお客様から着払い送料などの情報をご報告頂き、記載しています。
日本への送料や、JISA手数料は設定価格が変更になる場合があります。
為替レートは毎日変動します。

サービス詳細
インフォメーション


Credit Card Processing